【新型コロナウィルス】台湾旅行は大丈夫?対策と現地状況をレポート

こんにちは!

台湾在住13年のココシル(@cocosil_taiwan)です。

新型コロナウィルスの広まりで、「予定していた台湾旅行は大丈夫?」と心配な方のために、台湾の現状やできる対策をレポートしていきたいと思います。

旅行をキャンセルしようか迷ってる方は、参考にしてみてください。

 

台湾の街の様子は?

旧正月明けから毎日のように新型ウィルスのニュースが報道されていたり、マスクや消毒液が買えない状況ですが、普段とそんなに変わらないというのが全体の印象ですね。

 

ただ、やはり駅や百貨店などの人混みを避けたいという方が多く、いつも行列だった場所が並ばずにすんなり入れたり、また必ず手の消毒と体温検査を済ませてからじゃないと入れないなど、少しずつ影響がでています。

 

いつ行っても行列の小籠包のお店「鼎泰豐(ディンタイフォン)」も待ち時間の表示をする必要がないほど、お客さんがいませんでした。

 

MRT(地下鉄)やバスは大丈夫?

MRT(地下鉄)

MRT(地下鉄)は、移動にとても便利で台湾旅行には欠かせない存在です。

MRTの駅に行ってみましたが、特に消毒液の設置や体温チェックもなく、通常運行しています。

ただ駅から降りてくる人は、ほとんどの人がマスクを着けていたので、やはり公共交通機関に乗る時はみんないつも以上に気をつけていると感じました。

 

MRTはいつ乗ってもそれなりにお客さんは乗っています。

朝と夕方のラッシュは路線によっては、かなりぎゅうぎゅう詰めになるので、マスクは必須です!

 

バス

バスによっては、「このバスはすでに消毒済です。安心してお乗り下さい。」という張り紙がされるようになっていました。

バスの運転手さんは、必ずマスクを着用するように徹底されています。

実際にバスにも乗りましたが、やはり公共交通機関+室内空間とあってほとんどの方がマスクを着用していました。

 

注意
MRT(地下鉄)もバスも公共交通機関なので、利用する場合はマスクの着用、利用後はしっかり手洗い、アルコール消毒をするようにしましょう!

 

観光地はどうなっている?

今のところ知る限りでは、新型コロナウィルス関係で閉鎖になっているところはなさそうです。

ただマスクをしていないと入れない場所や、手の消毒・体温検査をしてからでないと入れないなど対策がとられているところも多くあります。

台北101

台北101の展望台に行くには、体温検査のサーモカメラ検査があり、発熱していたら入ることができなくなっています。

出入り口には消毒液が設置されています。(←これは通常時でも設置されています)

 

行天宮(シンテンゴン)


人気のお参りスポットの行天宮は、マスクをしていないと入れません。

 

故宮博物院


故宮博物院に入るにも、体温チェックがあります。

マスク着用は必須ではなさそうですが、マスクはしっかりつけていった方がいいですね。

 

イベント関連

毎年2月に行われるランタンフェスティバル等のイベントは、ステージ公演がなくなったり、マスクを外す機会を少なくするために、食べ物を売る屋台を置かないなど、規模を縮小して行われています。

 

また3月に公演予定だった渋谷すばるさんのライブをはじめ、日本人アーティストのライブが公演中止となっています。

特に室内のイベントに関しては、人が多く集まる+密閉されているという点で影響がでています。

 

子供用に期間限定で設置された遊び場も、新型コロナウィルスがここまでニュースになる前までは、たくさんの子供で賑わっていましたが、今や誰ひとりといませんでした。

 

注意
2020年2月7日に台湾政府から警告アラームが携帯に届きました!

これは、日本でも問題になっているクルーズ船の「ダイヤモンドプリンス号」が2020年1月31日に台湾の基隆港に停泊し、乗っていた旅客が台北市内を中心に観光をしていたため、台湾の中央流行疫情指揮中心(感染症指揮センター)から緊急速報が流れました。

 

内容は、1月31日の朝6時から午後5時30分までの間にこの旅客が立ち寄った場所に行った人は、2月14日まで自主的に健康管理を行い、発熱や気道の症状がある場合,指揮センターに連絡してくださいとのこと。

 

【立ち寄った場所】

<台北市>
故宮博物院、円山飯店、忠烈祠、孔子廟、保安宮、迪化街、台北駅、西門町、中山堂、龍山寺、中正記念堂、自由広場、南門市場、忠孝復興SOGO新館、台北101、陽明山竹子湖等

 

<新北市>
野柳、九份、十分、瑞芳区南雅奇岩等

 

<基隆市>
基隆港、基隆廟口、基隆文化中心、仙洞、外木山、白米甕砲台、正濱漁港、和平島、碧砂漁港、調和街等

 

緊急アラートが流れたことで、緊張が走り、「え?その日は何をしていた?」とすぐに思い出せず焦りましたが、該当地域には行っていなかったのでホッとしました。

ただ発表された場所は、日本人観光客が必ず行く場所とも言えるところばかりなので、今行っても感染するという訳ではありませんが、このタイミングで行くのはちょっと怖い気がします。

 

ホテルは大丈夫?

新型コロナウィルス対策として、各ホテルは従業員にマスクの着用と体温検査の実施をしています。またホテル施設の消毒作業も徹底して行われています。

台北市内にある有名ホテルは、ホームページ上に対策を掲載しています。

小さいホテルや格安のホテルの対策がどうなっているか分かりませんが、ある程度名の知れたホテルであれば、対策がしっかり行われているので、より安心ですね。

 

台湾の空港は大丈夫?

台湾の空港では、定期的に旅客が通る動線やエスカレーターのてすりやエレベーターなで徹底して消毒が行われていて、空港で働く人は必ずマスクを着用しなければいけません。

 

また中国大陸などから台湾に入境する際に制限がかかっていますので、日本の空港より対策がしっかり取られているので安全なんじゃないかと思ってしまいます。

 

台湾入境に関する制限】※2020年2月7日現在

2020年2月7日から、中国大陸、香港、マカオから台湾に入境することが禁止、また中国大陸、香港、マカオで「乗換え」(トランジット)を行い、台湾に入境する全ての旅客が一律14日間の在宅検疫となっています。

 

日本人に関わることで言えば、

過去14日以内に中国本土、香港、マカオに滞在履歴がある人は、台湾に入境することができません。

中国大陸、香港、マカオで乗り換えた人は、14日間の在宅検疫となり、すぐに台湾に入境できません。

もっと詳しい情報が知りたい方は、日本台湾交流協会のホームページを参照下さい。

 

注意
日に日に渡航制限など変わっていますので、ご自身でしっかり確認してください。

 

台湾旅行に行く際の対策は?

台湾旅行に行く際に気をつけたい対策をご紹介します。

マスク・消毒液は日本から持ってくる

医療用マスク

台湾は現在、マスク不足で自由に医療用マスクを買うことができません!

そのため日本から必ず予備も含めて、多めにマスクを持ってきましょう。

 

万が一忘れた足りなくなった場合はどうする?

医療用のマスクは買うことができませんが、花粉や風邪対策用の「PITTA」や布のマスクは、ドラッグストアや雑貨屋さんにはまだ在庫があります。

 

 

「PITTA」や布のマスクは医療用マスクより効果がないと言われていますが、口に遮るものがないよりはいいかと思います。

 

消毒液や抗菌ウェットティッシュなど

アルコール消毒液や手ピカジェルなどは、どこも在庫切れとなっていて買うことができません。

ただ、マスクのように政府による購入制限がないので、在庫が復活すれば買えるようになるのかなと思います。

 

ちょっと前までは抗菌ウェットティッシュは山のようにあったのに、今ではあまり買えなくなっています・・・。

 

こまめに手洗い、消毒をする

百貨店やレストラン、カフェによっては、入り口にアルコール消毒液が設置されていますので、こまめに使っていきましょう。

また台湾は屋台やドリンクスタンドが多いので、その時もすぐにパクつくのではなく、手を洗ったり消毒することを忘れずにしましょう!

 

やはりマスクをしていた方が無難!

台湾はマスクの購入制限もあり、マスクは「公共交通機関や人混み、室内に行く場合は着けてください。」となっていて、公園などや室外ではマスクを有効活用するために、着けなくてもいいとされています。

実際に、公園ではマスクをせずに遊ぶ子供やスポーツをしている人、普通に道を歩いている人はマスクを着けていない人も多く見られます。

 

ただ台湾に旅行で来る場合は、台湾に住んでいる人とは行動パターンが違い、観光地やMRT(地下鉄)など人が多い場所がメインとなるので、しっかりマスクをしておきましょう!

 

体調不良に気をつける

台湾の気候は、暖かいと思っている方も多いと思いますが、これが寒気が入ってくると意外と寒いんです!

しかも基本的に暖房設備が日本のように整っていないので、注意が必要ですね。

マフラーなど首を温めるなどして、体調不良にならないようにしましょう!

 

もし体調不良で病院に行くとしたら?

台湾の病院は、日本と同じくらいの高い水準と言われていて、実際に台湾で何度か病院にお世話になっていますが、日本とあまり変わらない印象です。

日本語が通じる病院もいくつかありますので、万が一のことを考えて調べておきましょう!

 

台北市内でもいくつか日本語が通じる病院がありますが、ココシルも利用したことのある「台安医院(臺安醫院)」は日本語で受けられる国際特診センターもあり、安心です。

ただ海外旅行保険に入っていないと、診察料がとても高いので気をつけてくださいね。

台安医院(臺安醫院)

住所:台北市松山區八德路2段424號3階

電話番号:02-2771-8151 内線番号: 2670~2672

受付時間:月~金: 08:00 ~ 12:00、13:00~17:00/日: 08:00 ~ 12:00

診察予約E-Mail:tahihc@tahsda.org.tw
※前日までに予約が必要

アクセス:MRT南京復興駅5番出口より徒歩約10分

まとめ:台湾は日本より対策がしっかりしている!

台湾の新型コロナウィルスへの対策は、SARSの蔓延を経験しているからか、今できる対策をしっかりしていて、日本より安心なのかなと思いました。

が・・・、

2020年2月7日の緊急アラームで「ダイヤモンドプリンセス号」に乗船した人が、台北市や新北市の観光地を訪れていたとなった今、ちょうどそこに居合わせた人が、知らずに感染しているということもありえます。

そう考えると、このタイミングで台湾旅行に行くには、少しリスクがあるのかなと思いました。

でも今の日本の状況を考えると、ほぼ変わらないのかなと思ったりします。

(※あくまでも個人的な意見ですので、参考までに!)

 

そして、それとは逆に台湾の風潮として、日本でどんどん感染者が増えているため、日本への旅行をキャンセルしたり延期したりする人が増えています。

これ以上日本で感染が広がったら、「日本人の方がウィルスを持ってるんじゃないの?」なんて警戒されそうで、ちょっと怖いですね。

台湾旅行に行くかどうか迷っている方の参考になればと思います。

注意
台湾への入境制限や感染に関しての情報は、日々変わっていますので、しっかり最新情報を確認して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です