【お土産に買いたい】台湾スタバ限定のお菓子と食べてみた感想をご紹介!

こんにちは!

台湾在住12年のココシル(@cocosil_taiwan)です。

台湾のスタバといえば、タンブラーやマグカップなどのグッズがとても可愛いことで有名ですが、送って喜ばれる台湾スタバ限定のお菓子があるのをご存知でしょうか?

それはパイナップルケーキとコーヒーエッグロール!

ただ、まずいと意味がない!

そこで、実際に食べてみた感想もあわせてご紹介します。

 

【お土産】台湾スタバ限定のお菓子をご紹介

台湾スタバ限定のお菓子は、ビジュアルが可愛くどれもお土産として喜ばれるものが多いですね。その中でも人気なパイナップルケーキとコーヒーエッグロールを紹介したいと思います。

Mini鳳梨酥(6顆裝):パイナップルケーキ

以前は、中秋節の時期に限定で鳳梨酥(パイナップルケーキ)をギフトセットとして発売していたのですが、今はいつでも店頭で買うことができるようになりました。

それも、バラマキお土産にも最適なミニサイズです。

スタバはコーヒーにしろ、スイーツにしろお高いんですが、まだ許容範囲のお値段です。

1個(ミニサイズ6個入り)80元(=約289円)

実際に食べてみた感想

引用:星巴克

「実はココシルは、パイナップルケーキが嫌いなんです。」という前提からの感想になります。

  • 小さいミニサイズだけど、しっかり餡が入っている。
  • 中に入っている餡は2種類(冬瓜をミックスした餡と少し酸味がある土鳳梨を使った餡)、あまり違いが分からない。
  • 口の中の水分が持っていかれる感じがして、パイナップルケーキは嫌いだったけど、この3cmぐらいのミニサイズなら、美味しく最後まで食べられた。
  • 甘さは控えめ。
  • あまりパサパサしていない。
  • 電子レンジで軽くチンして食べたら美味しかった。
  • もともとパイナップルケーキが好きという人に聞いたら、本格的なパイナップルケーキの味に比べると少しおちるとのことでした。

実際に食べてみて、この味のクオリティならお土産として『アリ』だと思います。

また、パッケージも可愛いく、しっかりスターバックスのロゴも入っているので、台湾をあまり知らない人にもスタバのなら安心して食べてもらえるかなと思います。

ただし、パイナップルケーキが大好きでいろいろ食べ比べている台湾通のツワモノには不向きと思われます。

また、中秋節の季節になると、コーヒー味のパイナップルケーキや月餅などのギフトセットもでてきます。毎年少しずつ違うギフトセットが出てくるので、中秋節の時期に来られる方は要チェックですよ!

 

精選咖啡蛋捲:コーヒーエッグロール

引用:星巴克

エッグロールとは、もともとクッキー生地を薄く伸ばし、それを丸めたヨックモックのシガールのようなお菓子です。台湾では新年のご挨拶など、ギフトによく使われるエッグロールですが、スタバのコーヒーエッグロールはもらうと思わずラッキーと嬉しくなるお菓子です。

実際に食べてみた感想

  • コーヒーの苦味も感じられる大人の味。
  • ヨックモックのバターがきいた甘いシガールと同じような味と思いきや、そんなに甘くない。
  • くせになる味でどんどん食べられる。
  • 1袋は余裕で食べられる。
  • カロリーが高すぎて、びっくり。

甘いんだろうな~という想像とは違い、大人の味で美味しかったので、味は、お土産として『大アリ』だと思います。

ただ、上記写真の精選咖啡蛋捲(コーヒーエッグロール)は、缶が大きくて持ち帰りにくいのが難点なんです。スーツケースに入れるとかさばるし、でも缶に入っていないと崩れるし・・・。味は美味しいのにちょっと残念ですね。

お値段は、

1箱(6袋入り)500元(=約1,800円)

ばらまきお土産として、1袋ずつ配るとすると、1袋あたり約83元(約=298円)なので、それほど高くはないですね。

また、今まではなかったのですが、スタバの店頭でばら売りされた状態で、1袋80元(=約289円)で売っていました。

ただ、梱包が薄い箱だけだったので、店頭ですでに崩れている状態・・・。これをスーツケースで持って帰るとなると、日本到着した頃にはバラバラかもしれないなと思いました。

コーヒー味のエッグロールは珍しくお土産としては、味もネタ的にもいいのですが、持って帰るのに気を使わなきゃいけないのが難点。

お土産として持って帰る時は、くれぐれも気をつけて下さいね。

まとめ

お土産にしたい台湾スタバ限定のお菓子をご紹介しました。

台湾スタバ限定のお菓子
  1. ひと口パイナップルケーキは、味もお値段もパッケージもよい。持ち帰りやすい。
  2. コーヒーエッグロールは、味はいいが、崩れる心配があり、持ち帰りにくい。

ぜひ参考にしてみて下さい。

また、台湾スタバにはビーフジャーキーやポークジャーキーなど変り種も売っています。お肉系は日本に持って帰ることはできないので、お土産にはできませんが、柔らかいタイプのポークジャーキー(炙燒豬肉條)は子供でもばくばく食べるほど美味しいです。

ぜひ台湾で食べていって下さいね。

 

<一緒によく読まれている記事>

行ってみたい!天空のスタバ台湾101/35階店舗

【知らないと損】台湾スタバの裏ワザ・裏メニューまとめ!

【台湾】スタバの注文方法!台湾限定おすすめメニューもご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です